【出演しています】デジカメ Watch TV

写真業界で最も大きなイベントであるCP+2018が開催となりましたね。

連日facebookでは先生方や写真好きな友人たちから、会場の様子の投稿があがり、私もワクワクしていました。


私が写真業界のセミナーモデルを始めたのは、吉澤士郎先生からスカウトして頂いた2014年からで、その年のビックサイトで開催されたフォトネクストにも、初めてNISSINからステージモデルとして出演しました。

それからどっぷり、ストロボというジャンルにハマり、多数のメーカー様とお仕事をしました。翌年2015年に最初のCP+を経験することになり、その後も2016、2017と連続してステージに出演させて頂く機会に恵まれ、素晴らしく幸運なモデルだったと思います!ありがとうございます。


今年は、NISSINモデルズの先輩であり、モデル・ママタレとしても活躍している2児の母、番場彩稀ちゃん(ばんちょー)とCP+2018に遊びに伺いました!

CP+2018へ💜モデルであり2児のママタレばんちょーこと番場ちゃんと行ってきたよ😊🌸 @banba.aki · 初日で平日にも関わらず相変わらずの大盛況ぶり❣️やっぱり1年に1度のお祭りということもあって、久しぶりに皆さんにお会い出来て嬉しかった~~😳✨✨ · ばんちょーの息子くんと手を繋いで歩いていたら色んな人から「お子さんいらっしゃったんですか!?」って驚かれました😂ばんちょーの愛する息子くんたちです💕 · 前はファミリーフォトなどのブースも充実していたらしいCP+に自分が子ども連れ(友人のw)という立場で来場してみて、改めてカメラを嗜んでいる男性たちの懐の深さに感動しました✨ · ばんちょーの息子くんが笑いかけると、すぐさま笑顔で対応して下さる方の多さ……!!(見知らぬ方でも) · 日頃私たち、わがままなモデルちゃんに「もっと細く撮って!」「光で飛ばして!」 などなど無茶振り(笑)にも笑顔で全力で応えてくれるんですもの……子どもちゃんの扱いだってお手の物ですよね!と不思議に納得(笑) · 今までステージにいた時では分からなかった感覚が、リアルに実感できて、改めて写真業界って素敵だな、カッコイイなと思いました☺️🍀人生のベテランであるカメラを嗜む方たちの礼儀正しい姿勢を垣間見ることができて幸せでした✨✨ · #cpplus2018 #シーピープラス2018 #パシフィコ横浜 #パシフィコ #モデル #model #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #写真 #カメラ女子 #カメラ

A post shared by Hitomi Maehama (@hitomi_maehama) on

一年に一度のビックイベントは、お祭りのようで、久しぶりにお会いできる方が多く、とっても嬉しかったです!最新のトレンドなども見ることができ、つい「このレンズ欲しい〜〜〜!!」な瞬間も多々……ばんちょーと単焦点の沼にハマっています(笑)

#シーピープラス2018 初日に 瞳 @hitomi_maehama と一緒に行ってきたよ💖 . 母たっぷりの記録picですみません。 . お世話になってきたメーカー様や担当者様たちにご挨拶回りに行ってきた(๑′ᴗ‵๑)モデル仲間たちにも会えたよ💖 . 大体の方はFBで繋がってるので二人目おめでとー!って感じでしたが、久しぶりに生で皆様にお会いできてよかった(๑′ᴗ‵๑) はるとも初対面の方ばかりってわけじゃないし、場所見知りも人見知りもしない子なのでみんなにニコニコ愛想振りまいては遊んでもらってました.。゚+.(・∀・)゚+.゚ . 写真撮れなかった先生方やメーカー様もいるけど、大体は撮ってもらえた💖 #お忙しい中ありがとうございます . ニッシン @nissinjapan さまのブースにいると大抵お世話になってる先生方にもお会いできたので良かった💖 それにしてもステージは常に大賑わいで、さすがのニッシン!!!の一言。今年はこうやって見てるだけだから新鮮でしたー。 . いろんな所で以前ステージでご一緒させていただいた先生方が登壇されていてステージ上からも気づいてくださったり、ステージ前にお話ししてくださったり☺️ . 私のピンでもモデル業再開してますが、なんやかんやで親子での仕事中心にいまはやってるので、今後は息子たちも是非是非と軽く営業まわりw #有意義な1日だった . そうそう、ストーリーにもあげたけど イルコ @ilkoallexandroff には高い高いしてもらってましたw . #人生で一番高い高い高いだったんじゃないかしらね? www . #高いのは平気らしい ← . 楽しかったー!!! . . . #シーピープラス #cpプラス2018 #カメラ女子 #モデル #写真好きな人と繋がりたい

A post shared by 番場 彩稀 (男の子二人のママ) (@banba.aki) on

私は昔から何かひとつのことに熱中すると、それしか見えなくなるタイプで。例えば食べ物でも、「梅干し美味しい!」と思うと、毎日梅干しをエンドレスに食べてしまうタイプです。


小学生〜中学生の頃に、趣味で漫画を描いていた時期があるのですが、その頃も画材屋さんに足繁く通い、スクリーントーンをひたすら集め、プロ仕様の道具を集め、一日中、漫画を描いていました。漫画家になりたいと憧れていた中学生で、とあるきっかけで自分のイラストが掲載され、世に出た瞬間は、幼いながらにとても感動しました。


どんな事に対しても、一度やると決めたらトコトンやってしまいます。

きっと側から見た私はどちらかというと“クール”で“冷めている”様に見えるようですが(笑)


なので、茶道や華道の道を学びだした時も、年齢にしては上級な資格まで達成したのですが、誰かに褒められても「私なんてまだまだです(師範には到底かないません)」という気持ちが先行し、いつもどこか引いてしまっていました。

けれど最近、辺りを見渡すと、自分よりも下の階級であろうと、「大好きなんです!」と熱心にアピールできる女性たちをよく見かけます。その好きという気持ちが清々しく、自分のように、どこか引っ込み思案なのは勿体無いなと、ふと思いました。


自分の大好きな事を「好き」という気持ちを持って、誰かに伝えることは素敵なことですよね。


CP+2018に、普通に来場して、カメラが好きな、写真が大好きな人たちを見て、「カッコイイな」と思いました。ステージの上からでは見えない世界が広がっていて、「いいじゃん!」って、思ったんです。


今年は“オタク”になろうと思います。いや、私、ハナっからただのオタクなんですけどw

何かひとつのことを突き詰めた時、また違う景色が見えたらいいな。


デジカメ Watch TVに第1弾〜5弾まで顔出しナレーションで出演しています!

第3弾以降はフルナレーションでNASの魅力をどっぷり解説しているので、ぜひご覧ください!

前濱瞳 OFFICIAL SITE

広告モデル、ライター、司会など幅広く活動させて頂いております。「女性の本物の美」「女性の自立」などをテーマに日々勉強中!