hitomin

記事一覧(17)

【掲載中】『ヒューレット・パッカード』

みなさん、こんにちは。今までモデルとして活動している中で、よく「手の仕草が綺麗」と褒めて頂けることがありました。私自身、モデルの中では身長がズバ抜けて大きい方ではないので、よくショーなどのオーディションで最終選考まで残ると、控え室の中で一番“小さい子”ということも少なくありませんでした。そんな身長の低いモデルがどうやって、「大きく見せる」か、となると手足でカバーするのが得策なんですよね。手足が長く、しなやかだと、大きく見えるんです。だから、なんとなく技のひとつで使っていた“手足”。この技は、“写真”の中でも同様です。よくカメラで誰か人と撮った時に、なんとなく「絵になるな」と感じること、ありますよね?私は、昔からそれが不思議で、「絵になる人」と「絵にならない人」の違いって何だろうって考えていたんです。言葉としては……【絵になる】① 絵にかいたならば良い絵になりそうな、姿・形・場面・景色である。② 姿などがその場の雰囲気にぴったりと合っている。すっっっっっっっっっっごく抽象的!!!!!(笑)こういう抽象的な言葉には、数学的な美しい秘密が隠れている。はたして「絵になる人」とはどういうことなのか?ワークショップなどでモデルをしながら、試行錯誤している内に自分なりのヒントを見つけます。それは“平面”である写真の中に、“立体感”を生み出すことだと。きっとこれは、ストロボの使い方や、構図によって撮り手は“奥行き”と表現しているでしょう。ここで始めの“手足”が繋がります。平面な世界にモデルは手足を使って、立体感を出すんです。すると、奥行きが生まれ、平面な写真の中に、まるで合わせ鏡のような奥行きが無数に広がるんですよ。実物のサイズ感を、自由自在に変化させたり、世界観を変えることができる手足という技術。ひっそりこっそり仕組む美しい嘘は嫌いじゃない。そんな、私にとって切り離せないパーツである“手”で、なんと人生初!!手タレデビューしましたしかも!!初めての手タレが!あの!!!『ヒューレット・パッカード』様!!!!!ひょええええオフィスが綺麗すぎて、一度で良いからこんな素敵なオフィスでメカと向き合う人生を送ってみたかったと心から思いました(理系出身)ヒューレット・パッカード様の公式インスタグラムで公開中です。色んなカットを撮影したので、現段階で公開となっているものをリンク貼っておきます。ぜひ、公式インスタをチェックしてみてくださいね。

知ってる?『古着deワクチン』

1995年1月17日、神戸を中心に多大な犠牲者と被害を出した阪神・淡路大震災から23年が経ちました。私はまだ幼く、正直、記憶がそこまでハッキリしているわけではないのですが、高校生の頃、当時被災地の近くにいた友人が「テレビが吹っ飛んできた」と話していて、凄く驚きました。自然の脅威を決して忘れず、防災意識をその都度確認していきたいですね。ところで、みなさんは洋服をどのように整理していますか?私は、一度使い始めると同じものをずーっと使い続けるタイプで、未だに学生時代に購入した洋服も10年近く着ていたりします。さすがにそろそろ30代に突入するので、ここで一度洋服の断捨離をしようと思い立ちました。ファストファッションのアイテムはリサイクルショップに持ち込んでも、流行ものなのでお値段がつかないことも多く、たくさん持って行っても数百円などになってしまうことも少なくないようです。だったら、どこかに“寄付”できる場所はないかと、検索してみました!しかし、洋服の寄付はあまり受け付けていない様子……。以前、英語の授業で、海外に井戸を掘るボランティアのエピソードがあったのですが、それを思い出しました。これは、水不足の国に、どうすれば貢献できるか?というテーマで、安易な考えだと「水を寄付すれば良い」となってしまうのですが、それじゃあ目先の利益にしかならないよね、と。水を寄付した瞬間は救われるかもしれないけれど、長期的に見た時、それは本当の意味での手助けにはならないよ……そのような教訓だったと思います。物質的な援助は、本質の解決とは異なる。そう、私の安易な「洋服を寄付しよう」も、この「水を寄付しよう」になってしまっているのではないかと、急に不安になりました。そうこう調べていると、『古着deワクチン』というサイトを発見しました。ここは「不要な衣類またはバッグ・靴・服飾雑貨を便利に片づけることができ、その衣類等は主に開発途上国でリサイクル(再利用)され、あわせて1口につき5人分のポリオワクチンを届けることで子ども達の命を救う素敵なお片づけサービスです」とのこと。キタ♪───O(≧∇≦)O────♪まさに!!こういうのを求めていた!!!!最初に専用回収キットを3,000円(+税:240円)で購入するのですが、着払いで荷物を郵送できるので、すごく助かりました。